【高田伝来の不白流から表千家への流儀替え、江戸千家の普及】新潟県上越市旧高田市直江津市ゆかりの茶道

高田伝来の不白流

かつて高田には、現在の江戸千家とは別系統の不白流(ふはくりゅう)が伝わった。 
川上不白三世を称する梅翁不白(ばいおうふはく)から、高田藩の茶頭(さとう)荒井宗二(そうに)へ伝わった不白流である。

荒井宗二は明治時代に高田、直江津、柏崎、新潟などで不白流を指導した。許状を出す指導者(家元格)は荒井宗二から、三上宗心(そうしん)―清水宗観(そうかん)―荻野宗次(おぎの・そうじ)―三上ハツと引き継がれたが、絶えてしまった。

三上宗心と清水宗観

この不白流は中央に家元がいなく、この地方だけのものだった。一番宇の指導者はいわば「家元格」であり、指導し、許状を出した。

三上宗心は高田関町(南本町)の不白流茶人で、荒井宗二から家元格を継いだ人。
明治大正の上越では大茶人で、弟子が多かった。
はじめ宗心に師事していたが、宗心が亡くなると清水宗観についた者も多かったようだ。

清水宗観(そうかん)は高田新田の不白流茶人で、三上宗心から家元格を継いだ人。
大正から戦前の上越では大茶人であった。
遊心堂加藤良作は数多くいた弟子のひとりだった。

荻野宗次の流儀替え

清水宗観は弟子の荻野宗次(おぎの・そうじ)に家元格を譲り、昭和19年没した。だがまもなく、宗次は同じ門下の三上ハツに家元格を譲った。宗観の前の家元格は、ハツの舅(しゅうと)三上宗心(そうしん)だったので、三上家に家元格を返すよう求められたものか。しかし三上ハツは、家元格を継承しないまま昭和24年亡くなった。そのためこの不白流は絶えてしまうことになる。

▼中央が荻野宗次、左が遊心堂加藤良作

荻野宗次は、この地方だけの不白流を続けることに葛藤(かっとう)し、表千家家元の門下となるに至った。宗次は、自らの直江津のいかや旅館で表千家を指導した。加藤良作は社中となった。「いかやさんに稽古(けいこ)に通った」と言っていた。
荻野宗次と吉田夫妻が中心となった表千家同門会新潟県支部の発足(昭和38年)には、良作も協力した。

高田にあった川上不白の茶杓

▼川上不白写茶杓「末ノ松山(すえのまつやま)」加藤良作筒書・箱書 これの本歌は清水宗観が所持していた。

この茶杓は、川上不白作の「末の松山」を写したものである。加藤良作は、清水宗観がこの茶杓の本歌を所持していたことを箱書きしている。経緯あり弥生町江戸千家の所蔵となり、本に出ている。それを見せて、竹器師に作らせたものである。良作は「清水先生に習っていたのは“昔の不白流”だ」といい、流儀を表千家に変えたことをよく語った。この茶杓の出来(でき)は、どうこういうものではないが、さまざまな想いが詰まったものである。



濱谷宗朝が江戸千家を普及


濱谷宗朝(はまや・そうちょう/本名は朝=あさ)は高田で江戸千家を指導した茶人。高田に疎開した写真家濱谷浩の妻。大手町の濱谷宅には、茶室「寸雪庵(すんせつあん)」で宗朝の茶を学ぶ者や、濱谷浩と交流した多くの文化人が出入りした。宗朝は江戸千家家元の直門(じきもん)であり、濱谷宅は、「江戸千家新潟県支部」と認められて看板を掲げた。高田を去る前年、「離高惜別茶会」が行われた。昭和27年、濱谷夫妻は大磯に移った。高田に伝来した不白流は絶えたが、宗朝の指導により不白流の本流である江戸千家が普及した。

*濱谷宗朝は別ページでしたが、このページにまとめました。
2019(令和元)年5月内容更新  遊心堂HP  遊心堂お店案内