◆遊心堂会社概要◆

◆会社概要◆
【事業所名】  有限会社遊心堂(ゆうしんどう)
【事業内容】  美術品の小売・卸売を主とする古物商
【古物商許可証】新潟県公安委員会 461290000574
【創業】    加藤正作、大正2年(1913)4月10日古物商営業許可を取得
【二代目】   加藤良作
【会社設立】  昭和50年2月13日
【本店所在地】 新潟県上越市西城町3丁目11-9
代表取締役】 深田正明
【専務取締役】 加藤裕明  
【主店舗】   新潟県上越市本町4-1-6 アートサロン遊心堂
【所属組織】       
東京美術倶楽部(東京美術商協同組合)組合員
京都美術倶楽部(京都美術商協同組合)組合員
新潟県美術商組合 組合員 
上越商工会議所、高田法人会  
高田ロータリークラブ(故加藤良作、深田正明)

【過去のお店の事績と沿革】*高田市は昭和46年から上越市となる

大正2年4月10日、加藤正作(30歳)が高田市本町2丁目福井商店(魚店)跡地(高田別院への入口)に住んでいた時、古物商許可証を取得。
大正8年、加藤正作が高田市本町3丁目長沢旅館の中に出店。 
大正12年頃、加藤正作が高田市本町4丁目清水食堂跡地の右隣(杉田味噌店の右手)に移転。
昭和20年代、加藤正作が高田市本町2丁目森平とリスドールのあいだに移転。「正美堂」と称す。この後移転はしなかった。
昭和28年9月14日、加藤正作の次男良作(39歳)が、父と別に活動した。
昭和31年6月20日、加藤良作が高田市西城町3丁目に居住。現在の本店所在地。
昭和33年7月30日、加藤正作が74歳で没す。 
昭和50年2月13日、有限会社遊心堂を設立。加藤良作が社長、深田正明が専務。
昭和50年7月1日、上越市本町4丁目上越大和4階に遊心堂ダイワ店を開店。
平成10年5月10日、深田正明が社長に就任。
平成22年4月25日、上越大和閉店に伴い、遊心堂ダイワ店が閉店。
平成22年6月12日、上越市本町4丁目に旧ダイワ店を移転し「アートサロン遊心堂」と改称して開店。
平成29年9月6日、会長加藤良作が103歳で没す。