美術店.ギャラリー|アートサロン遊心堂ホームページ|古美術品骨董買取り.陶芸工芸絵画作家展.茶道具.ギフトプレゼントお茶洋酒の器.鳩居堂お香便箋.抹茶.新潟県上越市ゆうしんどう|
新潟県上越市本町4-1-6 TEL(025)526-4887  朝10時~夕6時 水曜休 ★桜と蓮の高田城下町で創業百年余り★北陸新幹線・上越妙高駅より
★遊心堂は高田本町商店街の八十二銀行向い、人気店「軍ちゃん」「TAKITA美容室」のあいだです。上越大和デパート4階で35年間ご愛顧され移転したお店です。クレジットカードをご利用いただけます。お気軽にお立ち寄りください。★有限会社遊心堂は東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の組合員です。|Artsalon Yushindo Homepage|

最新情報コーナー

【新潟県美術商組合青年部・韓国ソウル研修旅行|朝鮮史跡、博物館、食】2010.09|遊心堂

1日目
新潟県美術商組合青年部は平成22年(2010)9月6~8日、韓国ソウル市に2泊3日の研修旅行に行きました。総勢12名。新潟空港を大韓航空機で午前9時半発。   
 
2時間で韓国のインチョン(仁川)国際空港に着。「ハブ空港」は大きい。

バスに乗り、美人現地ガイド・パクさんの案内を聞き移動。

まず昼食。石焼ビビンバ。ビールはあわがたたなく味がうすーい。


最初は朝鮮王朝の王宮、キョンボックン(景福宮)を研修。いやはや広大。



これは最初の門。お寺の山門を思わせるが、ここはカラフル。


いくつも門をくぐりやっと正殿が見える。


外部内部ともあざやかないろどり。

 正殿の階段上から。うしろから観光客が来る、来る、来る。どこでも日本人観光客が多かったように思う。
 
正殿の中。「チャングムの誓い」を想い出すお膳。


広くて歩く、歩く。ソウルは湿度はたいしたことはないが、日差しがジリジリととても暑かった。

この池はとてもきれい。キョンボックンの背後は山々が見えるだけで高層ビルが見えないのがいい。


 
続いて敷地内の国立民俗博物館を研修。こんなかは李朝の家具がいいのが多かった印象。とても広い。


歩き疲れた後の集団写真。このあと、ロッテデパートへ行き、ロッテ免税店でみやげを買った。

ピースしてるのは現地の写真屋のおやじ。「キ・ム・チ」といってはわれわれの写真を大量に撮った。その真意は夕食のときに明らかになる・・・
夕食は豚の三枚肉・サムギョプサル。腹いっぱい食べた。

酔ったところに写真屋のおやじがメンバー銘々の写真を冊子にしてもってきて、好きな写真を選ぶよういう。
おやじ「一枚800円」 !うーむ高い! 「おやじさん、酔ってなきゃ買わないよ」と誰かがいうも、みな結構買ってた。自分はおやじに「2枚だけ!?」といわれる。

このあとヨンドンホテルに行き、あとは自由。各々の夜が続くのでした。

 
2日目
2日目は国立博物館で研修。

広い、とにかく敷地が広い。無駄に広い。

なかなか建物にたどり着かないのは江戸東京博物館を思わせる。

 地元のこどもたちも来てる。

入場前に集団写真。


国立なので朝鮮の名品ばかりでなく、ヨーロッパ、中国、日本のものまである。
土器などはとばして見たが、それでも時間がとても足らない。

お昼は海鮮鍋。浅くて真ん中だけ深くなっている銅鑼のような鍋。キムチのちじみもうまかった。
 

昼からよく飲んだけど、あっちのビールはあまり酔わなかった。

午後はサムスン美術館を研修。タクシーがひろえず、みんなで歩いてたどり着く。



李朝の名品もあるが、現代アートもたくさん。

エステ、射撃、コピー品などの買い物など、数名づつ分かれた。


南大門市場に集合。ソウルの”アメ横だ”。
 道のまんなかにも店を出すすざましさ。
街を出てソールタワーに。夜なのに観光客がやたら多かった。夜景を見る観光客や地元の男女でいっぱい。

韓国の若者が願い事を書いて南京錠でつける。これが大量について木のようになってる。


夕食はサムゲタン。
”朝鮮”らしい店。

鳥に高麗ニンジンなどが入った鍋だが、みな食べるのに苦戦。深い鍋で食べても食べてもまだある。
ニンジンが強烈だった。

このあとバスに乗り、ミョンドンで降りる者、ヨンドンホテルに帰る者などに分かれた。長い夜は続く。

3日目は朝から自由行動で、自分は離宮・チャンドックンへ行きました。朝帰りで寝ている者も。
2時前にみなでホテルを出て、みやげ店でキムチを買って帰りました。
インチョン空港6時発、8時新潟空港着。とても有意義な研修旅行でした!       
 
おわり(遊心堂 加藤裕明) 
 
【新潟県美術商組合青年部・韓国ソウル研修旅行|朝鮮史跡、博物館、食】2010.09|遊心堂 
遊心堂お店案内

【アートサロン遊心堂HP】このサイトは「アートサロン遊心堂ホームページ」です。

◆アートサロン遊心堂(ゆうしんどう) 
新潟県上越市本町4丁目(高田本町通り八十二銀行前)

「アートサロン遊心堂」は有限会社遊心堂の主店舗の通称。
この店の前身は、大和上越店4階にあり35年間親しまれた「遊心堂ダイワ店」である。
茶道具、古美術骨董、日用のお茶のうつわ等を販売するお店。
2階の「遊心堂ギャラリー」では、美術作家の作品展や「ふれあい茶会」を催す。
上越市の旧高田市街地で、桜の高田公園とJR高田駅の間の高田本町商店街にある。
高速道路は、北陸道「上越インター」または上信越自動車道「上越高田インター」のエリア。

記事おわり******************************




※このHPはスマートフォン対応。
スマホ版はヘッダー下のバーをタップするとカテゴリが表示します。 
yushindo-art.com  有限会社遊心堂(サイト責任者 加藤裕明)






******************************************

お店アクセス

★アートサロン遊心堂は上越大和デパート4階で35年間ご愛顧された遊心堂ダイワ店が移転したお店です。高田本町商店街の八十二銀行向い、人気店「軍ちゃん」「TAKITA美容室」のあいだです。お気軽にお立ち寄りください。

★有限会社遊心堂は東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の組合員です。

お店案内とAccessのページ 
詳しいことはこちら▶遊心堂お店案内


********************************************


販売商品

遊心堂のおもな販売商品

遊心堂は元々は古物商(こぶつしょう)として創業しました。
現在の”アートサロン遊心堂”の前身は、35年間ご愛顧いただいた遊心堂ダイワ店(上越大和4階)です。
ダイワ店が昭和50年開店した時から、古物と新品の両方を扱って参りました。

@新品のおもな商品は次のとおりです。
◆茶道(さどう)の携帯品、消耗品
◆日常の器・・・湯のみ、急須、カップ、飯椀、箸など  
◆お茶・・・煎茶(緑茶)、抹茶のほかお菓子も少々
◆鳩居堂(きゅうきょどう)の製品 お香、封筒など 
◆干支や節句の置物 
◆額・・・色紙額、短冊額ほか

@古物(こぶつ)は美術品類を主として扱っております。古物とは、「骨董」の言葉が代表的で、古美術・古道具・中古品・新古品などとも呼ばれるものです。おもな商品は次のとおりです。
◆昔の器(伊万里などの食器など)  
◆花器(花瓶、篭花入など)
◆古布(こふ/着物、帯、はぎれなど)
◆書画(色紙、短冊、額、掛軸など)
◆人形置物(フランス人形、木目込人形、土人形など)
◆茶道具(お茶会でお使いになれる道具など) 
◆鑑賞美術(陶器、漆器など)

**********************************

お店とHPの名称

”アートサロン遊心堂”と当ホームページの名称について

”アートサロン”は”美術品について会話する集いの場”のような意味です。美術店であることをわかりやすく発信するということで平成22年に開店したお店の名称を「アートサロン遊心堂」と決めました。
このホームページの名称は「アートサロン遊心堂ホームページ」です。弊社の社名は有限会社遊心堂ですが、主店舗「アートサロン遊心堂」の名称を採用してホームページの名称としております。(サイト責任者 加藤裕明)

おかげさまで

おかげさまで創業100年を経過しました


遊心堂は”美術店”、昔風に言えば”骨董屋”です。
大正2年に創業して以来2013年で百年、高田城下町(新潟県上越市の旧高田市内)を拠点として営業して参りました。
大和上越店では、遊心堂ダイワ店が35年間ご愛顧いただきました。現在は高田本町商店街の「アートサロン遊心堂」を主店舗としております。
店外催事も多く、東京美術倶楽部の「東美アートフェア」「大古美術展」「東京アンティークフェア」「東美正札会」、新潟県内の新潟伊勢丹、朱鷺メッセ、鍋茶屋、岩室温泉、メディアシップなどを会場とした催しに出店して参りました。
現在、有限会社遊心堂は、東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の美術商組合員です。
今後とも遊心堂をよろしくお願いいたします。



展示会の会期

展示会の会期は注意してご覧ください

展示案内サイト及び当ホームページでは展示会のご案内をしておりますが、会期は注意してよくご覧いただくようお願いいたします。年月、開始日、終了日などをよくご確認ください。お客様の見損じや思いこみによる間違ったご来店が無いことを願っております。
検索が偶然にヒットした場合は、古い記事であることがありますので、よく確認してください。
「郷土上越ゆかりの美術家」を紹介しておりますページでは、平成25年の「遊心堂加藤良作ゆかりの品ミニ展示」での展示品を掲載しております。この展示はすでに終了しておりますのでご注意ください。