美術店.ギャラリー|アートサロン遊心堂ホームページ|古美術品骨董買取り.陶芸工芸絵画作家展.茶道具.ギフトプレゼントお茶洋酒の器.鳩居堂お香便箋.抹茶.新潟県上越市ゆうしんどう|
新潟県上越市本町4-1-6 TEL(025)526-4887  朝10時~夕6時 水曜休 ★桜と蓮の高田城下町で創業百年余り★北陸新幹線・上越妙高駅より
★遊心堂は高田本町商店街の八十二銀行向い、人気店「軍ちゃん」「TAKITA美容室」のあいだです。上越大和デパート4階で35年間ご愛顧され移転したお店です。クレジットカードをご利用いただけます。お気軽にお立ち寄りください。★有限会社遊心堂は東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の組合員です。|Artsalon Yushindo Homepage|

最新情報コーナー

【郷土新潟県上越周辺ゆかりの美術作家メモ 書家画家のページ】上越市.旧高田市.旧直江津市

書家と画家で、新潟県上越地方周辺ゆかりの人物を何人か紹介しているページです。美術作家メモもくじページ      
※書家、画家と言っても専業の人ばかりではない。趣味で書や画を描いた有名人が多く含まれる。これらの作品の形態はさまざまで、掛軸(たて幅や横幅)が多いが、額装のものもあるし、色紙もある。まれに屏風や扁額(へんがく、横長で高い所に掛ける)もある。

文中で、高田は上越市の旧高田市街地、直江津は上越市の旧直江津市街地のこと。地名については、郷土上越市周辺の地名を参照ください。遊心堂お店案内

以下は、号または下の名前のあいうえお順     
 
山田愛山(あいざん)本名:辰治 上越市頚城区百間町の地主。上越軽便鉄道(現在の頸城自動車株式会社)に多額の出資。大竹謙治初代社長の兄。漢詩の書や水墨画を遺す。明治から昭和半ばの人。


十辺舎一九(じっへんしゃ・いっく)江戸の戯作者(げさくしゃ、通俗小説を書いた作家)。善光寺参りの際に高田に滞在し高橋飴屋が厚くもてなした。


小倉右馬(おぐら・うま)高田の教師で歌人。高田藩士の子。明治から昭和戦前の人。

樋口雲仙(ひぐち・うんせん)高田藩士で絵師。増田桂堂に学んだ。幕末明治の人。

釧雲泉(くしろ・うんぜん)肥前出身で、各地を旅した南画家。越後に来て一時、三条に住む。越後の各地を遍歴し、南画の門弟は、石川侃斎(かんさい、新潟)、上田旭山(村上)、倉石米山と倉石乾山の父子(高田)、行田八海(三条)など。長崎で学ぶ。江戸後期の人。


東洋越陳人(えっちんじん)直江津の五智の画家。上越市三和区旧野村出身。長崎で鉄翁祖門(長崎三大文人画家)に学ぶ。妙高山の苗名の滝や五智風景を遺す。明治天皇の天覧を賜る。幕末から大正の人。

長岡外史(がいし)雅号:護堂 高田の十三師団の師団長を務めた軍人。レルヒ少佐に指導を頼み、日本スキー発祥をもたらした偉大な人物。漢詩の書を遺す。幕末から昭和戦前の人。


増田義一(ぎいち)雅号:奎城 上越市板倉区出身の実業家。出版社「実業之日本社」社長。国会議員にも。漢詩の書を遺す。明治から昭和戦後の人。

川合清(きよし)高田の大学教授で画家。新潟大学教授で高田分校で教え、のち上越教育大学教授となった。花や女性などのきれいな日本画を描いた。東京美術学校卒のち芸大助教授。中村岳陵に師事。

相馬御風(そうま・ぎょふう)糸魚川市の文人。短歌の歌人、校歌の作詞、良寛研究などに業績。作例は、和歌の書の掛軸や短冊、色紙。禅語の一行書や横物の掛軸、書の扁額など。旧高田市の高田中学から早稲田大学へ進み、東京で活動のち帰郷。明治から昭和戦後の人。糸魚川歴史民俗資料館は、通称「相馬御風記念館」といわれ、業績を伝える。



稲田玉瀞(ぎょくせい)婚前は月岡玉瀞  高田の浄興寺の御裏(おうら、奥様)で画家。画家月岡耕魚の娘、月岡芳年の孫。父同様、能画(能を舞う人の絵)を描いた。昭和から平成に活躍。

吉田玉潤(ぎょくじゅん)高田の画家。川端玉章に学ぶ。明治大正の人で三十代半ばで早世。

坂口謹一郎(きんいちろう)高田出身の発酵学者で東大教授。「酒博士」と称される偉人で、世界的権威。文化勲章受賞。短歌、俳句をして色紙をよく書いた。歌会始の召人(めしうど)をつとめたこともある。明治から平成を生きた長寿。

松山琴谷(きんこく)越後糸魚川の商人で画家。山水画を描いた。江戸後期の人。

東条琴台(きんだい)高田藩の藩校修道館の教官。亀田鵬斎に儒学を学ぶ。漢詩を多く遺す。幕末明治の人。
 
村山径(けい)柏崎市出身の画家。大正から昭和末の人。

滝本頸城(けいじょう)上越市頚城区の教員で書家。幕末から昭和戦前の人。

奎城(けいじょう)→増田義一(ますだ・ぎいち)

増田桂堂(けいどう)高田藩榊原家のお抱え絵師。大手町に住んだ。椿椿山(つばき・ちんざん)に学ぶ。作例は花鳥画。幕末明治の人。

三浦顕栄(けんえい)高田にあった新潟大学高田分校にいた教授で洋画家。高田分校芸能科で教え、西城町に住んだ。もとは高校教員をした。

井部健斎(けんさい)上越市頚城区出身の教育者。高田藩校の教官を経て、百間町と高田で私塾を開いた。

倉石乾山(けんざん)高田城下町の豪商。上越市本町6丁目にあった「角の倉石家」主人。父・倉石米山とともに越後に来た南画家・釧雲泉(くしろ・うんぜん)に学ぶ。山水画が多い。幕末明治の人。倉石乾山、青木崑山、大滝石山の三人名声高く「頚城の三山」といわれた。

原本賢治(けんじ)高田の洋画家。東光会の新潟支部長。

石黒敬七(けいしち)柏崎市出身の柔道家。絵を描いた。時計などのコレクターで、とんちん館に遺される。

上杉謙信(けんしん)越後春日山城主で戦国大名。書状は貴重。
 
月岡耕魚(こうぎょ)はじめ、坂巻耕魚 東京の能画家。娘は、高田の浄興寺に嫁いだ稲田(月岡)玉瀞。月岡芳年は師匠であり、義父(母の再婚した夫)。明治初期から昭和初期の人。

小林古径(こけい)高田出身の画家で東京美術学校教授。有名画家で評価高い。文化勲章受賞。高田藩士の子で高田で生れるが幼時に東京に転居。 明治から昭和戦後の人。

吉田小五郎 柏崎市出身で慶應幼稚舎長を務めた人。花田屋吉田正太郎の弟。キリシタンなどの本を書いた。
青木崑山(こんざん)高田郊外の稲田の絵師。大肝煎(おおきもいり、庄屋を支配した村役人)だったが、やめて絵に専念した。彫刻、篆刻もした。尾張の匂田台嶺(まがた・たいれい)京都の谷口靄山に学ぶ。作例は、山水画や人物図の掛軸、屏風など。幕末明治の人。倉石乾山、青木崑山、大滝石山の三人名声高く「頚城の三山」といわれた。

千原三郎 柏崎市出身の洋画家。
 
棟方志功(むなかた・しこう)青森県出身の有名版画家。高田の陶芸家・齋藤三郎と親しく、若いころ高田で個展をしたことがある。疎開で富山県福光(現・南砺市)に住んだ。その関係で、齋藤三郎は福光で個展をした。

吉田十束(じっそく)高田出身の俳人。文化文政時代の人。

丸山尺蠖(しゃかく)上越市郊外の画家。水墨画を描いた。谷口靄山(あいざん)に学ぶ。幕末から大正の人。

小山松渓(しょうけい)高田藩士の子。蘭学者小山杉渓(さんけい)の養子。作例は山水画。幕末明治の人。

飯田松坡(しょうは)高田の絵師。稲田の青木崑山に学ぶ。仲町2(別院大門)に住んだ。幕末明治の人。

木村秋雨(しゅうう)高田郊外の旧三郷村下四ツ屋の禅僧。会津八一の書生を経験し、終生尊敬した。相馬御風の良寛研究を助けた盟友。「昭和の良寛」といわれる。毛筆は独自の書体。明治から昭和後期の人。糸魚川歴史民俗資料館、通称「相馬御風記念館」で業績が伝わる。

保阪蕉窓(しょうそう)高田郊外の旧津有村戸野目の大地主。作例は、山水画の掛軸。

吉田正太郎(しょうたろう)号:縹亭(ひょうてい)、黒船館 柏崎市の数寄者。呉服商「花田屋」主人。自宅書斎を「黒船館」と命名し様々なものを蒐集した。文明開化資料は「柏崎七大コレクション」のひとつとされる。柏崎の黒船館にそれらが収蔵される。版画家川上澄生と親交があった。“縹亭”の号は昭和に入ってからで、縹は“花田”、亭は“屋”を意味する。書や版画をした。明治から昭和半ばの人。
原松洲(しょうしゅう)越後柏崎出身の儒者で教師。書画をかいた。江戸後期の人。

市島春城(いちしま・しゅんじょう)本名:謙吉 新発田市出身で早稲田大創立に尽した人。初代の図書館長として功績大。豪農市島家の分家生まれ。高田新聞の主筆をつとめた。大隈重信のもと国会議員になるが病気で断念。幕末から昭和戦前の人。

五十嵐浚明(いからし・しゅんめい)越後新潟の画家。江戸中期の人。

横尾深林人(しんりんじん)横尾翠田とも、別号:南田、翠田、九思、深林子、本名は信次郎、信二郎とも  高田出身の画家。上京し児玉白洋、小坂芝田、小室翠雲らに学ぶ。 南画のち日本画を描いた。良寛研究等を通じ相馬御風と親交、糸魚川市に一時疎開。 天才と呼ばれたが、松林桂月ら中央画壇の有力者と衝突して孤立。作例は、山水画の南画。花鳥画や鯉の図の日本画など。明治から昭和後期の人。

 
川上澄生(すみお)横浜出身の版画家で祖父は高田藩士。

下村静四郎(せいしろう)直江津出身の洋画家。直江津港付近の絵を描いた。石井柏亭に学ぶ。明治から昭和の人。

大滝石山(せきざん)上越市頚城区西福島の画家。越後に来た南画家・釧雲泉(くしろ・うんぜん)に学ぶ。茶道にも優れた。作例は、山水画の掛軸。幕末明治の人。倉石乾山、青木崑山、大滝石山の三人名声高く「頚城の三山」といわれた。

田雪峰(せっぽう)高田の骨董商。大町にあった骨董店は親しまれて客が多かった。仙田菱畝に絵を学ぶ。作例は絵の色紙。明治から昭和後期の人。

新井石禅(せきぜん)南魚沼市旧塩沢町の雲洞庵(うんとうあん)の住職をした禅僧。曹洞宗第11代管長、大本山総持寺貫主(かんじゅ、住職)、最乗寺(神奈川県)住職を歴任。雲洞庵には38歳から14年間在住。 新井石龍は養子。  禅語の一行書、漢詩などを書いた。明治大正に活躍。*雲洞庵は幼少の上杉景勝と直江兼続が修行した名刹。

新井石龍(せきりゅう)南魚沼市旧塩沢町の雲洞庵(うんとうあん)住職。新井石禅の養子。明治から昭和後期の人。

石塚仙堂(せんどう)直江津の画家。上越市安塚区の旧小黒村、仙田家出身。直江津の石塚家の養子となる。仙田菱畝の兄。作例は、花鳥画や壷の図の掛軸、屏風など。川合玉堂、石塚仙堂に学ぶ。明治から昭和半ばの人。

川上松岳(しょうがく) 四代川上善兵衛、別号:天瓢斉 高田郊外の旧高志村北方の地主川上家の養子。四代川上善兵衛。出身は上越市名立区。作例は山水画の掛軸。江戸後期の人。*ブドウ園経営の川上善兵衛はこの人の孫で、六代川上善兵衛。
 
富岡惣一郎(そういちろう)高田出身の洋画家。白黒の独自な画風「トミオカホワイト」で知られる。昭和から平成に活躍。
















野奏風(そうふう)東京の画家。高田の稲田玉瀞の父・月岡耕魚に学ぶ。能画を描いた。高田に作品が多くのこる。


金子大栄(だいえい)高田出身の僧で大谷大学名誉教授。真宗大谷派(東本願寺)。明治から昭和戦後の人。

桑山太市朗(たいちろう)号:対地戯魚堂 柏崎市の数寄者。洋画画材店「戯魚堂」主人。戦後は柏崎駅前の郵便局長。文人墨客との親交深くまた、歴史・民俗・芸能には造詣深いものがあり、その発掘・紹介・保存につくした。中でも綾子舞を世に紹介した功績は大きい。蒐集した古書、古手紙は「戯魚堂文庫」と称され、図書館に遺される。「柏崎七大コレクション」のひとつ。書や本を書いた。明治から昭和後期の人。

仲田大二(なかた・だいじ)高田の教員で洋画科。上越市黒井出身。

倉石隆(たかし)高田出身の洋画家。

小田嶽夫(たけお)高田出身の芥川賞作家。高田に疎開。明治から昭和後期の人。

長尾為景(ためかげ)越後守護代。上杉謙信(長尾景虎)の父。書状は貴重。

 
楊州周延(ようしゅう・ちかのぶ)橋本直義 高田藩士から浮世絵師に転身した人。江戸詰高田藩士で戊辰戦争で戦った。東京で浮世絵師となった。明治に錦絵(多色刷りの版画)が発行され大人気となる。 幕末から大正の人。*お詫び:「楊」が手へんの「揚」になっていたのを訂正しました(中国の「揚州」とは違う)。 ご指摘いただいた方に敬意を表し感謝いたします。


長 竹軒(ちょう・ちくけん)高田のち直江津に住んだ画家。大阪出身。山水画を描いた。昭和のはじめに高田の大町3丁目に住んでいて、のち直江津に移ったという。父の長竹斉、田近竹遜に学ぶ。明治から昭和戦後の人。

富永竹村(ちくそん)上越市三和区神田の眼科医で画家。山水画を描いた。亀田鵬斎に漢学を学ぶ。江戸後期の人。





 
山田東洋(とうよう)柏崎市の洋画家。達磨の油絵の掛軸を多く残す。

斎藤俊雄(さいとう・としお)高田出身の洋画家。台所を描いた出品作から「台所の画家」といわれた。風景や草花を多く描いた。 上京のちヨーロッパ留学。中村不折に学ぶ。


鳴海虎一(とらいち)高田の能画家。大町に住んだ。

牧野虎雄(とらお)高田出身の洋画家で、東京の美大教授になった人。高田藩士の子で高田で生れるが幼時に東京転居。帝国美術学校と多摩美術学校(現在の美大)の教授をした。


鈴木魚都里(なつり)本名:重春 高田藩士で、俳人。江戸後期ころの人。

 号、下の名前のあいうえお順
中根半仙(なかね・はんせん)
高田藩の藩医で書道師範。巻菱湖に学ぶ。藩主に書を教えた。江戸詰め高田藩士の子。半嶺の父。江戸後期の人。
中根半嶺(なかね・はんれい) 
高田藩の藩医で書道師範。藩校修道館の書道教官をつとめた。 中根半仙の子で父の職をついだ。子は半湖。 隷書が得意。日本書道会創設につくした。 幕末から大正の人。

中根半湖(はんこ)高田藩士中根半嶺の子で、東京の書家。明治に活躍。

武田範之(はんし)上越市浦川原区の顕聖寺住職。曹洞宗。幕末明治の人。

戸田秀男(ひでお)高田出身の画家。同郷の斎藤俊雄とともにパリで洋画に精進した。中村不折に学ぶ。

前島 密 (ひそか)高田郊外の下池辺出身で、日本郵便制度の創始者。高田藩士の子。「郵便の父」と称される。漢詩を書を残す。幕末から大正の人。


山田文川(やまだ・ぶんせん)越後柏崎の画家。森蘭斎に学ぶ。

片桐文畝(かたぎり・ぶんぽ)柏崎市の画家。明治から大正の人。
 
倉石米山(べいざん)高田城下町の豪商。上越市本町6丁目にあった「角の倉石家」主人。越後に来た南画家・釧雲泉(くしろ・うんぜん)に学び、絵を描いた。倉石乾山(けんざん)の父。江戸中期から後期の人。

高野米峰(べいほう)柏崎市の文人。長崎で日高鉄翁に南画を学んだ。

山崎弁栄(べんねい)辨榮 浄土宗の僧。仏画をよく描いた。柏崎市の極楽寺で亡くなった。
 
勝田忘庵(かつた・ぼうあん)柏崎市の文筆家で、書家、篆刻家。

増村朴斎(ぼくさい)上越市板倉区の教育者で、有恒学舎創立者。板倉の旧針村に有恒学舎を創立。郷土の人材を育成した偉人。 作品は漢詩の書の掛軸が多い。明治から昭和戦前に活躍。 板倉に増村朴斎記念館がある。

藍沢北溟(ほくめい)越後刈羽郡出身の私塾教師。越後片貝(小千谷市)で教師をした。書をした。江戸後期の人。
ま 
榊原政敬(まさたか)高田藩最後の藩主。榊原家十四代。書を遺す。上越市の榊神社に祀られる。



牧田実(みのる)高田分校にいた新潟大学教授で洋画家。

小川未明(みめい)高田出身の童話作家。春日山神社小川澄晴の子。色紙などを遺す。明治から昭和半ばの人。高田図書館内に小川未明文学館がある。





会津八一(やいち)号:秋艸道人(しゅうそうどうじん)新潟市古町出身の有名な歌人で、早稲田大教授、書家、美術史家。増村朴斎に招かれ、上越市板倉区旧針村の有恒学舎で英語教師をしたのが最初の仕事だった。また、東京に住んだとき、上越市旧高田市郊外の禅僧・木村秋雨を書生にした(2年間くらい)。高田に疎開した写真家・濱谷浩とは交流深く、高田の濱谷宅を訪れた。高田の陶芸家・齋藤三郎を訪れ「泥裏珠光」の号を与えた。

鳥越憂(とりごえ・ゆう)直江津の画家。

墨川亭雪麿(ぼくせんてい・ゆきまろ)本名:田中親敬  高田藩士で戯作者。江戸詰高田藩士の子で江戸に住んだ。作例は、自画賛の掛軸。江戸後期の人。*戯作者(げさくしゃ、ぎさくしゃ)は、通俗小説を書いた作家。


北條頼浄(ほうじょう・らいじょう)高田の照行寺の住職で画家。照行寺は東本町1丁目のお寺。裏千家茶人北條宗幽の父。作例は、山水画や花鳥画の掛軸。田中頼章に学ぶ。明治から昭和戦後の人。

森 蘭斎(らんさい)越後新井(妙高市旧新井市街)出身の画家。長崎絵を熊代熊斐学(くましろ・ゆうひ)にぶ。加賀藩お抱え絵師になったという。作例は山水画や虎の図の掛軸、三国志人物の屏風など。江戸中期の人。

菅井蘭亭(すがい・らんてい)高田藩士。南画の大家・滝和亭(かてい)に学んだ。作例は、花鳥画や山水画の掛軸、屏風など。

り 
仙田菱畝(せんだ・りょうほう)上越市安塚区出身の画家。旧小黒村の仙田家の養子で、直江津の石塚仙堂の弟。花鳥画を描いた。明治から昭和半ばの人。

竹内臨川(たけうち・りんせん)本名:忠雄    上越市板倉区出身の書家で新潟大学教授。書道科の創設に尽す。明治から昭和末の人。

白川林泉子(しらかわ・りんせんし)  上越市板倉区出身の教員で書家。俳句もした。大正から昭和後期の人。
 
磯野霊山(いその・れいざん)高田にいた新聞記者で画家。 新聞社高田日報で兵事記者をつとめるかたわら、墨画を描いて上越各地で個展をした。のち東京で美術雑誌の主筆となる。 佐賀県出身。明治から昭和戦前の人。






美術作家メモもくじページ

文中で、高田は上越市の旧高田市街地、直江津は上越市の旧直江津市街地のこと。地名については、郷土上越市周辺の地名を参照ください。遊心堂お店案内

2014年9月修正更新<遊心堂HP>

記事おわり******************************




※このHPはスマートフォン対応。
スマホ版はヘッダー下のバーをタップするとカテゴリが表示します。 
yushindo-art.com  有限会社遊心堂(サイト責任者 加藤裕明)






******************************************

お店アクセス

★アートサロン遊心堂は上越大和デパート4階で35年間ご愛顧された遊心堂ダイワ店が移転したお店です。高田本町商店街の八十二銀行向い、人気店「軍ちゃん」「TAKITA美容室」のあいだです。お気軽にお立ち寄りください。

★有限会社遊心堂は東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の組合員です。

お店案内とAccessのページ 
詳しいことはこちら▶遊心堂お店案内


********************************************


販売商品

遊心堂のおもな販売商品

遊心堂は元々は古物商(こぶつしょう)として創業しました。
現在の”アートサロン遊心堂”の前身は、35年間ご愛顧いただいた遊心堂ダイワ店(上越大和4階)です。
ダイワ店が昭和50年開店した時から、古物と新品の両方を扱って参りました。

@新品のおもな商品は次のとおりです。
◆茶道(さどう)の携帯品、消耗品
◆日常の器・・・湯のみ、急須、カップ、飯椀、箸など  
◆お茶・・・煎茶(緑茶)、抹茶のほかお菓子も少々
◆鳩居堂(きゅうきょどう)の製品 お香、封筒など 
◆干支や節句の置物 
◆額・・・色紙額、短冊額ほか

@古物(こぶつ)は美術品類を主として扱っております。古物とは、「骨董」の言葉が代表的で、古美術・古道具・中古品・新古品などとも呼ばれるものです。おもな商品は次のとおりです。
◆昔の器(伊万里などの食器など)  
◆花器(花瓶、篭花入など)
◆古布(こふ/着物、帯、はぎれなど)
◆書画(色紙、短冊、額、掛軸など)
◆人形置物(フランス人形、木目込人形、土人形など)
◆茶道具(お茶会でお使いになれる道具など) 
◆鑑賞美術(陶器、漆器など)

**********************************

お店とHPの名称

”アートサロン遊心堂”と当ホームページの名称について

”アートサロン”は”美術品について会話する集いの場”のような意味です。美術店であることをわかりやすく発信するということで平成22年に開店したお店の名称を「アートサロン遊心堂」と決めました。
このホームページの名称は「アートサロン遊心堂ホームページ」です。弊社の社名は有限会社遊心堂ですが、主店舗「アートサロン遊心堂」の名称を採用してホームページの名称としております。(サイト責任者 加藤裕明)

おかげさまで

おかげさまで創業100年を経過しました


遊心堂は”美術店”、昔風に言えば”骨董屋”です。
大正2年に創業して以来2013年で百年、高田城下町(新潟県上越市の旧高田市内)を拠点として営業して参りました。
大和上越店では、遊心堂ダイワ店が35年間ご愛顧いただきました。現在は高田本町商店街の「アートサロン遊心堂」を主店舗としております。
店外催事も多く、東京美術倶楽部の「東美アートフェア」「大古美術展」「東京アンティークフェア」「東美正札会」、新潟県内の新潟伊勢丹、朱鷺メッセ、鍋茶屋、岩室温泉、メディアシップなどを会場とした催しに出店して参りました。
現在、有限会社遊心堂は、東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の美術商組合員です。
今後とも遊心堂をよろしくお願いいたします。



展示会の会期

展示会の会期は注意してご覧ください

展示案内サイト及び当ホームページでは展示会のご案内をしておりますが、会期は注意してよくご覧いただくようお願いいたします。年月、開始日、終了日などをよくご確認ください。お客様の見損じや思いこみによる間違ったご来店が無いことを願っております。
検索が偶然にヒットした場合は、古い記事であることがありますので、よく確認してください。
「郷土上越ゆかりの美術家」を紹介しておりますページでは、平成25年の「遊心堂加藤良作ゆかりの品ミニ展示」での展示品を掲載しております。この展示はすでに終了しておりますのでご注意ください。