美術店.ギャラリー|アートサロン遊心堂ホームページ|古美術品骨董買取り.陶芸工芸絵画作家展.茶道具.ギフトプレゼントお茶洋酒の器.鳩居堂お香便箋.抹茶.新潟県上越市ゆうしんどう|
新潟県上越市本町4-1-6 TEL(025)526-4887  朝10時~夕6時 水曜休 ★桜と蓮の高田城下町で創業百年余り★北陸新幹線・上越妙高駅より
★遊心堂は高田本町商店街の八十二銀行向い、人気店「軍ちゃん」「TAKITA美容室」のあいだです。上越大和デパート4階で35年間ご愛顧され移転したお店です。クレジットカードをご利用いただけます。お気軽にお立ち寄りください。★有限会社遊心堂は東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の組合員です。|Artsalon Yushindo Homepage|

最新情報コーナー

【郷土新潟県上越周辺ゆかりの美術作家メモ 陶芸家工芸家のページ】上越市.旧高田市.旧直江津市

陶芸家とその他の工芸家で、新潟県上越地方周辺ゆかりの人物を何人か紹介しているページです。美術家メモもくじページ 

文中で、高田は上越市の旧高田市街地、直江津は上越市の旧直江津市街地のこと。地名については、郷土上越市周辺の地名を参照ください。遊心堂お店案内

以下は、号または下の名前のあいうえお順

河合卯之助(かわい・うのすけ)京都の陶芸家。大正頃から桑山太市朗、勝田忘庵など柏崎市の文人らと交流した。赤絵、染付などを遺す。河合端豊(ずいほう)の次男で、弟は栄之助、息子は紀(ただし)という陶芸一家。
河合卯之助 茶碗

高野久山(弓山)直江津の五智国分寺裏に住んだ「五智焼」の陶芸家。明治大正に人物像や雑器を作った。

小山欽哉(きんさい)本名:金平 柏崎市の漆芸家。「金磨塗」を考案。


橋詰光越(はしづめ・こうえつ)長岡市の漆芸家。

平田光楽(こうらく) 誠二郎  柏崎市の平田呉服店主人で漆芸家。 塗師内田宗寛の実弟。宗寛の棗や香合に蒔絵をした合作が見られる。自らも日展に入選。漆器を多く蒐集。また、縮の研究家、柏崎市の文化財保護委員。明治から昭和後期の人。
平田光楽
小山古月(こげつ)柏崎市の漆芸家。欽哉(金平)の弟。宗健(健蔵)の父。

梶 古拙(かじ・こせつ)新潟市の漆芸家。螺鈿。


齋藤三郎(さぶろう)初代陶齋(とうさい)、泥裏珠光(でいりじゅこう)高田の陶芸家。長岡市旧栃尾市の出身。 京都で近藤悠三、富本憲吉ら二人の人間国宝に学んだ。戦後に、兄で久昌寺(きゅうしょうじ)住職の齋藤泰全(たいぜん)を頼って来て、お寺に窯を築き高田に定住した。色絵磁器に優品が見られる。齋藤尚明(二代陶齋)の父。


志賀重人(しげと)本名:重雄  高田出身の陶芸家。 高田の陶芸家齋藤三郎に学ぶ。のち京都で高田出身の内田邦夫ほか何人かに学んだ。オーストラリアで成功した。夫人はオーストラリア人。東京都町田市に住んだが晩年オーストラリアへ移住。
志賀重人 草文茶碗
寿山(じゅざん)直江津の五智の陶芸家。明治に「五智焼」をつくった。


内田精一(せいいち)柏崎市の塗師。塗師内田宗寛の子。明治から昭和の人。

原晴雲(せいうん)襲名:惣右衛門  柏崎市大久保の鋳金家。三代続いた。

大月清五郎(せいごろう)糸魚川市の漆芸家。



内田宗寛(そうかん)号:柏竹庵(はくちくあん)柏崎市の塗師。 棗の塗りを多く手掛け、真塗棗の完成度は高い。江戸千家の茶人でもあり、高田、直江津の茶会によく訪れた。百歳まで生きた。父は塗師内田宗信(そうしん)。
小山宗健(そうけん)本名:健蔵  柏崎市の漆芸家。小山古月の長男。



本間琢斎(たくさい)佐渡市の鋳金家。初代は越後大久保(柏崎市)の出身。佐渡奉行に招かれ佐渡に移り、佐渡銅器を始めた。以後、代々続く。

金井正(ただし)糸魚川市旧青海町の陶芸家。清水卯一に師事。

小野為郎(ためろう)村上市の漆芸家。二代続いた。


井部富夫(とみお)高田郊外の滝寺の陶芸家。上越市頸城区出身。滝寺窯と称す。


原直樹(なおき)柏崎市大久保の鋳金家。日展参与。新潟大学教育学部美術科の講師をつとめた。香取秀真に師事、東京美術学校卒。鋳金家・原松州の長男。長男原正樹は東京芸術大学教授。平成6年没享年87。


滝川美堂(びどう)直江津の五智の彫刻家。糸魚川市旧能生町小見の出身。木彫で上杉謙信像を作ることに生涯をかけた。上京し斉藤美洲と朝日明堂に学び、のち京都で修業し帰郷。謙信像を千体めざし835体を制作した。謙信像の大作を上越市の林泉寺、米沢市の上杉神社に奉納。林泉寺山門の大仁王像も大作。滝川美一の父。



滝川毘堂(びどう)本名:美一(よしかず)直江津の五智出身の彫刻家。美堂の長男。春日山の上杉謙信公銅像を造った。名士の肖像を多く制作。高田商工中退、上京し渡辺長男に学ぶ。東京にアトリエをつくる。文展、日展入選、二紀会審査員。父が林泉寺山門の大仁王像を制作中は、帰郷して助手をした。父亡きあと「毘堂」と号し、父の意思を継ぎ836体目から千体をめざし制作。父の謙信像を原型にブロンズ(青銅)で制作。*お詫び 末尾に「目標を達成し千体目を林泉寺に奉納した。」と記載していたのは某書籍を参考にしたものですが、そういう事実はございませんでした。ご指摘いただいた方には敬意を表し感謝いたします。


原正樹(まさき)柏崎市大久保出身の金工作家で東京芸大教授。原直樹の長男。2011没。

佐久間正孝(まさたか)高田の木彫家。大町に住んだ。

江島正隆(まさたか)高田の木彫家。初代後藤正義の弟子。東城町に住んだ。

北村正信(まさのぶ)糸魚川市旧青海町出身の大理石彫刻家。北村四海の弟子で養子。

後藤正義(まさよし)高田の木彫家。初代は根付師。戦前、四代まで続いた。

原益男(ますお)柏崎市大久保の鋳金家。


吉田隆介(りゅうすけ)柏崎市の陶芸家。京都の森野嘉光に師事。


岩野勇三(ゆうぞう)高田出身の彫塑家。東京造形大教授。佐藤忠良に師事。中原悌二郎賞。

戸張幸男(とばり・ゆきお)高田にあった新潟大学高田分校にいた彫刻科教授。西城町に住んだ。東京美術学校卒。

美術家メモもくじページ

文中で、高田は上越市の旧高田市街地、直江津は上越市の旧直江津市街地のこと。地名については、郷土上越市周辺の地名を参照ください。遊心堂お店案内  

2014年9月修正更新<遊心堂HP>

記事おわり******************************




※このHPはスマートフォン対応。
スマホ版はヘッダー下のバーをタップするとカテゴリが表示します。 
yushindo-art.com  有限会社遊心堂(サイト責任者 加藤裕明)






******************************************

お店アクセス

★アートサロン遊心堂は上越大和デパート4階で35年間ご愛顧された遊心堂ダイワ店が移転したお店です。高田本町商店街の八十二銀行向い、人気店「軍ちゃん」「TAKITA美容室」のあいだです。お気軽にお立ち寄りください。

★有限会社遊心堂は東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の組合員です。

お店案内とAccessのページ 
詳しいことはこちら▶遊心堂お店案内


********************************************


販売商品

遊心堂のおもな販売商品

遊心堂は元々は古物商(こぶつしょう)として創業しました。
現在の”アートサロン遊心堂”の前身は、35年間ご愛顧いただいた遊心堂ダイワ店(上越大和4階)です。
ダイワ店が昭和50年開店した時から、古物と新品の両方を扱って参りました。

@新品のおもな商品は次のとおりです。
◆茶道(さどう)の携帯品、消耗品
◆日常の器・・・湯のみ、急須、カップ、飯椀、箸など  
◆お茶・・・煎茶(緑茶)、抹茶のほかお菓子も少々
◆鳩居堂(きゅうきょどう)の製品 お香、封筒など 
◆干支や節句の置物 
◆額・・・色紙額、短冊額ほか

@古物(こぶつ)は美術品類を主として扱っております。古物とは、「骨董」の言葉が代表的で、古美術・古道具・中古品・新古品などとも呼ばれるものです。おもな商品は次のとおりです。
◆昔の器(伊万里などの食器など)  
◆花器(花瓶、篭花入など)
◆古布(こふ/着物、帯、はぎれなど)
◆書画(色紙、短冊、額、掛軸など)
◆人形置物(フランス人形、木目込人形、土人形など)
◆茶道具(お茶会でお使いになれる道具など) 
◆鑑賞美術(陶器、漆器など)

**********************************

お店とHPの名称

”アートサロン遊心堂”と当ホームページの名称について

”アートサロン”は”美術品について会話する集いの場”のような意味です。美術店であることをわかりやすく発信するということで平成22年に開店したお店の名称を「アートサロン遊心堂」と決めました。
このホームページの名称は「アートサロン遊心堂ホームページ」です。弊社の社名は有限会社遊心堂ですが、主店舗「アートサロン遊心堂」の名称を採用してホームページの名称としております。(サイト責任者 加藤裕明)

おかげさまで

おかげさまで創業100年を経過しました


遊心堂は”美術店”、昔風に言えば”骨董屋”です。
大正2年に創業して以来2013年で百年、高田城下町(新潟県上越市の旧高田市内)を拠点として営業して参りました。
大和上越店では、遊心堂ダイワ店が35年間ご愛顧いただきました。現在は高田本町商店街の「アートサロン遊心堂」を主店舗としております。
店外催事も多く、東京美術倶楽部の「東美アートフェア」「大古美術展」「東京アンティークフェア」「東美正札会」、新潟県内の新潟伊勢丹、朱鷺メッセ、鍋茶屋、岩室温泉、メディアシップなどを会場とした催しに出店して参りました。
現在、有限会社遊心堂は、東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の美術商組合員です。
今後とも遊心堂をよろしくお願いいたします。



展示会の会期

展示会の会期は注意してご覧ください

展示案内サイト及び当ホームページでは展示会のご案内をしておりますが、会期は注意してよくご覧いただくようお願いいたします。年月、開始日、終了日などをよくご確認ください。お客様の見損じや思いこみによる間違ったご来店が無いことを願っております。
検索が偶然にヒットした場合は、古い記事であることがありますので、よく確認してください。
「郷土上越ゆかりの美術家」を紹介しておりますページでは、平成25年の「遊心堂加藤良作ゆかりの品ミニ展示」での展示品を掲載しております。この展示はすでに終了しておりますのでご注意ください。