美術店.ギャラリー|アートサロン遊心堂ホームページ|古美術品骨董買取り.陶芸工芸絵画作家展.茶道具.ギフトプレゼントお茶洋酒の器.鳩居堂お香便箋.抹茶.新潟県上越市ゆうしんどう|
新潟県上越市本町4-1-6 TEL(025)526-4887  朝10時~夕6時 水曜休 ★桜と蓮の高田城下町で創業百年余り★北陸新幹線・上越妙高駅より
★遊心堂は高田本町商店街の八十二銀行向い、人気店「軍ちゃん」「TAKITA美容室」のあいだです。上越大和デパート4階で35年間ご愛顧され移転したお店です。クレジットカードをご利用いただけます。お気軽にお立ち寄りください。★有限会社遊心堂は東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の組合員です。|Artsalon Yushindo Homepage|

◆遊心堂の変遷(社史)-お店のこれまで-◆

◆遊心堂の変遷(社史)-お店のこれまで-
加藤骨董店~正美堂~遊心堂~遊心堂ダイワ店~アートサロン遊心堂

加藤正作の骨董店―商人のまち高田本町で創業―

加藤正作(しょうさく)は、高田市(現上越市)の商人のまちである本町(ほんちょう)に生まれ住んだ。大正2年(1913)に骨董商に必要な古物商鑑札を得た。有限会社遊心堂では、これを創業年としている。
大正8年に骨董店を始め、本町3、4丁目を何度か移転し、最後は本町2丁目に落ち着いた。
屋号は、「加藤骨董店」と称した時代もあったが、最後は「正美堂(しょうびどう)」とした。茶道具を主とした店だった。正美堂がその後の遊心堂の前身である。
加藤正作
加藤良作が西城町に遊心堂を開店―高田本町を一時離れる―

正作の子・加藤良作(りょうさく)は、長年父のもとで働いた。
昭和31年秋に、西城町(にししろちょう)3丁目に家を買い、そこに店を構えた。はじめは「高田加藤」といい商売をしたが、屋号を考え「遊心堂」と名付けた。
良作が西城町に家を買えたのは、父の正美堂を売却したからであった。そのときすでに正作は病身で、良作は自分のもとで面倒を見たのだった。正美堂が遊心堂と名を変えて移転した形になった。正美堂は消滅したが、遊心堂にその精神は受け継がれることになった。
西城町3丁目の西しろ店が現在もなお、有限会社遊心堂の本店所在地である。


加藤良作

遊心堂西しろ店
上越市旧高田市西城町3丁目


看板を木村秋雨(しゅうう)和尚に書いてもらった。
昭和50年2月13日に会社設立。「有限会社遊心堂」となり、加藤良作が社長、娘婿の深田正明が専務となる。これは、遊心堂ダイワ店開店に先がけて会社にしたのだった。
イレブンビルは、大和(だいわ、本社金沢市)がキーテナントになるということで、できたビルだった。株式会社イレブンビルの初代社長・来海(きまち)氏の誘いで、遊心堂は「専門店」として、イレブンビルとの契約でテナント出店をした。

上越大和に遊心堂ダイワ店が開店―古巣の高田本町へ戻る―

昭和50年(1975)7月、本町4丁目に大和上越店が開店すると同時に、
「遊心堂ダイワ店」が4階に開店した。また古巣の本町で商売をすることとなった。



大和上越店(上越大和)
上越市本町4丁目にあったデパート
昭和50年開店〜平成22年閉店


遊心堂ダイワ店
大和上越店4階にあったお店
昭和50年開店〜平成22年閉店
 これまではもっぱら古物(こぶつ)を売買していたが、新物(あらもの又はしんもの、新品)もあつかうようになる。特に贈答品には包装紙が必要ということで、「遊心堂」のロゴは木村秋雨和尚に書いてもらい、包装紙の絵は高田の陶芸家・齋藤三郎氏に描いてもらった。
本店は西城町でダイワ店は支店だが、遊心堂の主店舗となって永くお客様に親しまれた。
遊心堂ロゴ 木村秋雨和尚書

遊心堂包装紙 陶芸家齋藤三郎画



加藤良作は昭和56年から4年間、新潟県美術商組合の初代組合長をつとめた。
のちに有限会社遊心堂は東京美術倶楽部(東京美術商協同組合)の組合員となった。良作の80歳での加入は異例のことであった。
平成10年5月10日に深田正明が社長に就任した。社長を退いた加藤良作は会長となった。
深田正明は平成16年から2年間、新潟県美術商組合の会長を歴任した。

まちの活性化策のイレブンギャラリー―高田本町の衰退―

平成19年(2007)には遊心堂ダイワ店の通路をへだてたななめ隣りに
「イレブンギャラリー」をオープンした。イレブンビル(大和のビル)からの名称だった。
この頃には大和は集客力がとても衰退してした。高田のまち自体が、往年のにぎわいがなくなっていた。イレブンギャラリーは出店業者が撤退した場所であった。そこをイレブンビル2代目・来海(きまち)社長との相談で、遊心堂が借り受けた。
大和の活性化、高田のまちの活性化のためということで、イレブンギャラリーでは商品販売のみならず、楽しんで見てもらう企画展や鑑定会を実施した。
イレブンギャラリー
遊心堂ダイワ店のななめ隣りにあった
遊心堂が企画展や鑑定会を実施
また、平成20年(2008)8月にはホームページとブログを開始した。このころはインターネットの普及で、自社サイトがあるのが当然になりつつあった。





大和撤退で35年親しまれた遊心堂ダイワ店も閉店へ―高田本町に衝撃―

平成21年(2009)、加藤正作の骨董店開店から90年を迎えた。
同年4月には、イレブンギャラリーに刺激を受けて、となりに學be屋(まなびや)というカルチャースクールができた。来海社長の活性化策であった。
しかし同年10月、衝撃的な「大和撤退」が報じられた。その後イレブンビルから、キーテナントの大和が撤退すると、残る「専門店」と呼ばれた店だけでは、ビルの維持は無理だと告げられた。大和の撤退と同時に、専門店も撤退するよう命じられた。
平成22年4月25日、大和上越店は閉店した。およそ35年続いた遊心堂ダイワ店も閉店した。
大和の撤退は高田本町商店街にとっても衝撃の出来事だった。大和からの流れで集客がある店が少なくないからだった。
大和上越店が閉店 平成22年4月25日
同時に遊心堂ダイワ店も閉店
平成24年にはイレブンビルが解体された


高田本町通りにアートサロン遊心堂がオープン―高田本町で商売継続―

平成22年(2010)年6月12日、ダイワ店から移転したアートサロン遊心堂が本町4丁目の八十二銀行向かいにオープンした。
加藤正作が本町2丁目の路面店を閉めてからおよそ50年、半世紀ぶりの商店街路面店となる。遊心堂お店案内


アートサロン遊心堂
上越市本町4丁目
平成22年6月12日オープン
平成25年(2013)、加藤正作が古物商鑑札を取得してから100年を迎えた。当社ではこれを「創業100周年」としている。
また、同年には長崎屋跡地に「あすとぴあ高田」、大和跡地に「イレブンプラザ」がオープンした。これで高田本町商店街はやや持ち直したようである。

<遊心堂HP>2017年5月修正更新 有限会社遊心堂 加藤裕明

記事おわり******************************




※このHPはスマートフォン対応。
スマホ版はヘッダー下のバーをタップするとカテゴリが表示します。 
yushindo-art.com  有限会社遊心堂(サイト責任者 加藤裕明)






******************************************

お店アクセス

★アートサロン遊心堂は上越大和デパート4階で35年間ご愛顧された遊心堂ダイワ店が移転したお店です。高田本町商店街の八十二銀行向い、人気店「軍ちゃん」「TAKITA美容室」のあいだです。お気軽にお立ち寄りください。

★有限会社遊心堂は東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の組合員です。

お店案内とAccessのページ 
詳しいことはこちら▶遊心堂お店案内


********************************************


販売商品

遊心堂のおもな販売商品

遊心堂は元々は古物商(こぶつしょう)として創業しました。
現在の”アートサロン遊心堂”の前身は、35年間ご愛顧いただいた遊心堂ダイワ店(上越大和4階)です。
ダイワ店が昭和50年開店した時から、古物と新品の両方を扱って参りました。

@新品のおもな商品は次のとおりです。
◆茶道(さどう)の携帯品、消耗品
◆日常の器・・・湯のみ、急須、カップ、飯椀、箸など  
◆お茶・・・煎茶(緑茶)、抹茶のほかお菓子も少々
◆鳩居堂(きゅうきょどう)の製品 お香、封筒など 
◆干支や節句の置物 
◆額・・・色紙額、短冊額ほか

@古物(こぶつ)は美術品類を主として扱っております。古物とは、「骨董」の言葉が代表的で、古美術・古道具・中古品・新古品などとも呼ばれるものです。おもな商品は次のとおりです。
◆昔の器(伊万里などの食器など)  
◆花器(花瓶、篭花入など)
◆古布(こふ/着物、帯、はぎれなど)
◆書画(色紙、短冊、額、掛軸など)
◆人形置物(フランス人形、木目込人形、土人形など)
◆茶道具(お茶会でお使いになれる道具など) 
◆鑑賞美術(陶器、漆器など)

**********************************

お店とHPの名称

”アートサロン遊心堂”と当ホームページの名称について

”アートサロン”は”美術品について会話する集いの場”のような意味です。美術店であることをわかりやすく発信するということで平成22年に開店したお店の名称を「アートサロン遊心堂」と決めました。
このホームページの名称は「アートサロン遊心堂ホームページ」です。弊社の社名は有限会社遊心堂ですが、主店舗「アートサロン遊心堂」の名称を採用してホームページの名称としております。(サイト責任者 加藤裕明)

おかげさまで

おかげさまで創業100年を経過しました


遊心堂は”美術店”、昔風に言えば”骨董屋”です。
大正2年に創業して以来2013年で百年、高田城下町(新潟県上越市の旧高田市内)を拠点として営業して参りました。
大和上越店では、遊心堂ダイワ店が35年間ご愛顧いただきました。現在は高田本町商店街の「アートサロン遊心堂」を主店舗としております。
店外催事も多く、東京美術倶楽部の「東美アートフェア」「大古美術展」「東京アンティークフェア」「東美正札会」、新潟県内の新潟伊勢丹、朱鷺メッセ、鍋茶屋、岩室温泉、メディアシップなどを会場とした催しに出店して参りました。
現在、有限会社遊心堂は、東京美術倶楽部・京都美術倶楽部・新潟県美術商組合の美術商組合員です。
今後とも遊心堂をよろしくお願いいたします。



展示会の会期

展示会の会期は注意してご覧ください

展示案内サイト及び当ホームページでは展示会のご案内をしておりますが、会期は注意してよくご覧いただくようお願いいたします。年月、開始日、終了日などをよくご確認ください。お客様の見損じや思いこみによる間違ったご来店が無いことを願っております。
検索が偶然にヒットした場合は、古い記事であることがありますので、よく確認してください。
「郷土上越ゆかりの美術家」を紹介しておりますページでは、平成25年の「遊心堂加藤良作ゆかりの品ミニ展示」での展示品を掲載しております。この展示はすでに終了しておりますのでご注意ください。